イベントレポート

内田貝塚 現地説明会レポート

 平成29年8月5日(土)、大船渡市にある内田貝塚で現地説明会が開かれました。この日は、午前に内田貝塚、午後に長谷堂貝塚の説明会が開かれ、いかにも沿岸の大船渡市らしく、2つの貝塚の調査成果を公開することになりました。
 現在、岩手県内には約60ヶ所の貝塚がありますが、そのうち約85%が宮古市から陸前高田市の南部三陸海岸に分布しています。
 内田貝塚の調査は主要地方道大船渡広田陸前高田線の改良工事に伴う緊急発掘調査で6月1日から行われています。
 この日の大船渡市は、朝からの曇り空、ときどき霧雨もふるというあいにくの天気となりました。そんな中で85名もの方々が参加してくださいました。ありがとうございました。
 調査事務所から発掘現場まで、うっそうとしたスギ・ツバキ・タケなどの林に囲まれた坂道を登りきるとやっと現場が見えました。現場は細浦漁港に面した海の近くにあります。今回の調査場所は標高約40mの小高い丘の頂上付近です。調査場所からは大船渡湾がのぞめます。湾口のむこうには太平洋がひろがりますが、濃い霧のために視界がひらけず、対岸の赤崎町や湾口防波堤がうっすらとのぞめるだけです。

調査区に続く坂道

調査区に続く坂道

調査区から湾口防波堤をのぞむ

調査区から湾口防波堤をのぞむ

 午前11時、現地説明会がはじまりました。所長のあいさつに続いて、担当調査員から遺跡の概要についての説明です。

最初に調査員の紹介がありました

最初に調査員の紹介がありました

担当者から遺跡の概要の説明です

担当者から遺跡の概要の説明です

 最初に一棟だけみつかった竪穴住居についての説明です。今から約4500年前の家の跡です。4本の大きな柱のあなと壁際のたくさんの小さな柱のあながみられます。中央には火を使った炉があります。今回の調査では一棟しかみつかっていませんが、周辺にはもっと多くの住居があったと考えられます。また、この住居の北側には、何に使ったのかはわかりませんが、大きなあな(土坑)があって、この中からもたくさんの土器や石器がみつかりました。みつかった土器の特徴から、住居は今から4500年前の縄文時代中期のもの、土坑は500年前の縄文時代前期のものと考えられます。

縄文中期の竪穴住居跡

縄文中期の竪穴住居

竪穴住居跡の北にある縄文前期の土坑

竪穴住居の北にある縄文前期の土坑

 さて、いよいよみなさんお目当ての貝層についての説明です。貝塚の中で、貝殻や骨が堆積する層を貝層といいます。これらの貝殻や骨は縄文時代の人々が捨てたものが積み重なったものです。貝層から見つかる貝殻や魚骨・獣骨によって、当時の人々の生活環境や食生活および交易の様子をうかがい知ることができます。

次の地点に移動します

次の地点に移動します

貝層についての説明をしています

貝層についての説明をしています

 一般にわが国の土壌は酸性であることが多く、獣の骨などはかんたんに分解されて、遺跡の発掘調査をしても見つかることはまれですが、貝塚では堆積した貝殻に含まれる炭酸カルシウムの作用によって分解せずに残ることがあります。内田貝塚でも貝層からたくさんの貝殻や魚の骨・動物の骨が見つかっています。なかにはマグロやイルカ、さらにはアシカの骨がふくまれているということで、どのようにしてこれらの獲物をとらえていたのか、想像がふくらみます。

赤白のポールで囲まれた内側が貝層

赤白のポールで囲まれた内側が貝層

見つかっている動物の骨

みつかっている動物の骨

 調査現場のテントの中に今回の調査でみつかったものが展示されました。土器や石器だけでなく、動物の骨や角からつくられた骨角器などのほか、貝層から出土した二枚貝・巻貝の貝殻・動物の骨などです。

出土品に興味津々

出土品に興味津々

マグロの頸椎

マグロの椎骨

魚の骨とアシカの前腕骨

魚の骨とアシカの前腕骨

釣り針・貝輪・刺突具など

釣り針・貝輪・刺突具など

 説明会に参加した方が「末崎は漁業の街だけれども、5000年も前からこんなに漁業が盛んだったというのは何か誇らしい気がする」と話して下さったことが印象に残りました。発掘調査に参加された人たちをはじめ、地域のみなさまのご協力がなければ、順調に調査を進めることができませんでした。ありがとうございました。調査は、まだ続きますので今後の調査情報を、ぜひホームページでご覧ください。

 

2017年8月16日掲載

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ