イベントレポート

「夏休み!みんなで考古学者2018」イベントレポート

 平成30年7月26日(木)・27日(金)の2日間、埋蔵文化財センター内で「夏休み!みんなで考古学者2018」を開催しました。
「埋蔵文化財センターってどんなところ?」「発掘調査って何をするの?」本物の土器や石器にたくさん触れ、お仕事体験やこども考古学者をめざして、スタンプラリーに挑戦する夏休み恒例のイベントです。

 今年は695名もの方々に来場していただき、子供たちの真剣な表情や、楽しい笑い声があふれた2日間でした。

 内容は、発掘ごっこ、測量、土器パズル、もよううつしとりの他、今回は新コーナーの縄文スタジオも加わり、5つの体験メニューで行われました。3つ以上の体験をクリアすると「こども考古学者認定証」がもらえるスタンプラリーでは、ほとんどの子供たちがすべてのコーナーをクリアし2日間で406名のこども考古学者が誕生しました!

 体験に参加した子供たち・保護者からの感想を一部ご紹介します。
●うれしくて おもしろくて また2ねんせいになったら きたいです(小1・2)
●おもいでがふえた(小1・2)
●最こうに楽しかったので、またきたいです(小3・4)
●本物の土器や石器にさわれてうれしかったです(同じ意見多数)
●発掘ごっこがとてもおもしろかったです。見たことのない土器を発掘できたので良かったです(小5・6)
●とくに楽しかったのは縄文スタジオでした。来年もきたいです。自由研究にもしたいです(小5・6)
●とても楽しかったです。係員さんが優しく対応してくれて気軽に参加できました(中学生)
●幼稚園児でも楽しめました。本物に触ることができたので驚きました(保護者)
●土器パズルに熱中して取り組んでいる姿が印象的でした。来年も楽しみにしています!(保護者)

 来年も夏休み期間に、体験教室を開催する予定ですので、みなさまのご参加をお待ちしております。

イベント イベント2 ibennto4 ibennto3 IMG_4603ibennto6 体験教室縄文スタジオ ibennto7

         

2018年8月10日掲載

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ