平成26年度調査

県央県北県南沿岸

県央県北県南沿岸

八幡沖遺跡

いわて調査情報/2014年12月24日現在

DATA

※この遺跡の調査は終了いたしました。

遺跡名 八幡沖(はちまんおき)遺跡
所在地 岩手県一関市室根町八幡沖226番地ほか
事務所 0191-61-2870
調査期間 平成26年9月24日~11月30日(予定)
時代 中世
検出遺構 平場、堀など
出土遺物 縄文時代土器片
hachimanoki12-22

今年度の調査を終了しました。
(平成26年12月19日現在)

341-2

9月末から、発掘調査が始まりました。現在、重機で雑物を片付けながら、遺構を探しています。
(平成26年10月17日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ