田鎖車堂前遺跡

東日本大震災関連発掘調査

いわて調査情報/2017年6月13日現在

DATA

※この遺跡の調査は終了いたしました。

遺跡名 田鎖車堂前(たくさりくるまどうまえ)遺跡
所在地 岩手県宮古市田鎖第11地割46-2ほか
事務所 0193-77-4428
調査期間 平成29年4月1日~5月31日(予定)
時代 平安時代・縄文時代早期末、前期、中期
検出遺構 竪穴住居・土坑・配石遺構など
出土遺物 縄文土器・土師器・須恵器など

takusarikurumadoumae0612

四年間の調査でもっとも古い時代の遺構や遺物が見つかりました。写真は縄文時代早期末~前期初頭の竪穴住居跡です。すべての野外調査を終えました。
(平成29年6月2日現在)

takusarikurumadoumae0512

4ヵ年にわたる調査もいよいよ大詰めとなりました。古代の面の下から縄文時代の集落が見つかっています。中期の竪穴住居跡が多くみられます。
(平成29年5月12日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ