北玉川遺跡

東日本大震災関連発掘調査

いわて調査情報/2018年12月5日現在

DATA

遺跡名 北玉川(きたたまがわ)遺跡
所在地 岩手県九戸郡洋野町種市第14地割字北玉川地内
事務所 080-8212-5048
調査期間 平成30年11月1日~11月22日(予定)
時代 縄文時代・弥生時代
検出遺構 竪穴住居、土坑
出土遺物 縄文・弥生土器、石器、コハク
kitatamagawa

11月20日に空撮を行い、11月22日をもって今年度の北玉川遺跡の調査を終了いたしました。
今年度の調査では、竪穴住居と土坑が見つかりました。
前年度の調査と合わせると、南側の緩斜面に小規模の集落が広がっていたことが分かりました。
写真は、調査区全体を西側から空撮した写真です。
(平成30年11月26日現在)

kitatamagawa

11月1日から調査を開始しました。
今年度は、昨年度調査区の東側を対象としています。
丘陵の緩斜面から、縄文時代後期の竪穴住居や貯蔵穴などが見つかり始めたところです。
(平成30年11月9日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ