境・山下遺跡

いわて調査情報/2019年10月7日現在

DATA

遺跡名 境・山下(さかい・やました)遺跡
所在地 岩手県奥州市江刺稲瀬字山下616-7ほか
事務所 080-2820-0196
調査期間 令和元年9月1日~10月31日(予定)
時代 縄文~中世
検出遺構 土坑
出土遺物
1

 境・山下遺跡は北上川の東岸、北上市と奥州市の境界付近にあります。
 境遺跡は過去に調査が行われ、縄文時代中期~中世にかけての複合遺跡であることがわかっています。
  写真は遺構の検出と堆積状況を確認する作業の様子です。
(令和元年10月4日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館 いわてわんこ節電所

このページの先頭へ