成田岩田堂館跡

いわて調査情報/2019年5月20日現在

DATA

遺跡名 成田岩田堂館(なりたいわたどうたて)跡
所在地 岩手県北上市成田1地割37番1ほか
事務所 080-2806-8118
調査期間 平成31年4月4日~11月30日(予定)
時代 中世、弥生、縄文
検出遺構 堀、土塁、掘立柱建物、焼土、土坑、落とし穴ほか
出土遺物 弥生時代の土器、石器

naritaiwatadoudateato1

 成田岩田堂館は北上市成田地区に所在し、飯豊川の南岸、北上川西岸の丘陵端部に立地しています。
 写真は成田岩田堂館の土塁で高さは0.8~1.6mあります。南北方向に130mほど確認できます。
(令和元年5月15日現在)

1

4月9日、土塁付近での作業風景

2

成田岩田堂館跡の調査範囲は写真奥の林の中までです。

 4月4日から成田岩田堂館跡の野外調査が開始されました。
遺跡からは戦国時代の城館に伴う遺構(土塁や堀跡)の他に、縄文時代の陥し穴や弥生時代の土器や石器が見つかっています。
(平成31年4月11日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館 いわてわんこ節電所

このページの先頭へ