中林下遺跡(室内整理)

いわて調査情報/2022年5月30日現在

DATA

遺跡名 中林下(なかばやしした)遺跡
所在地 奥州市
事務所 019-638-9001(埋蔵文化財センター)
調査期間 令和4年4月1日~令和5年3月31日
時代 平安時代 中世 
検出遺構 掘立柱建物 土坑 溝跡 堀跡 竪穴住居
出土遺物 土師器 須恵器 木製品 柱根 陶磁器  

 

写真1 土器接合

写真1 土器接合

令和2・3年度に調査を行った中林下遺跡の室内整理を、8月末までの期間で行っています。

写真2 土器復元

写真2 土器復元

今年度はこれまでに、バラバラになって出土した土師器・須恵器の破片を繋ぎ合わせる土器の接合(写真1)、接合を終えた土器を元の姿に戻し、足りない部分は石膏で補強する復元(写真2)、土器表面に残された模様や製作の痕跡を写し取る拓本(写真3)を進めています。

写真3 拓本

写真3 拓本

また、今回の調査で多く出土した柱根などの木製の建築部材は、空気に触れると形状が変化してしまうことから、3Dスキャナーで形状を速く正確に計測しています(写真4,写真5)。

写真4 3D計測

写真4 3D計測

写真5 取得した画像

写真5 取得した画像

(令和4年5月30日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館 いわてわんこ節電所

このページの先頭へ