接待館遺跡

奥州市衣川区の南東部、衣川の北岸に位置します。
平成17年度の調査では、掘立柱建物、堀などが検出され、堀からは12世紀のかわらけが大量に出土しました。このことから、この遺跡が堀に囲まれた居館であること、堀の内側では儀式・儀礼がさかんに行われていたことが分かりました。
同じく衣川の北岸にならぶ六日市場(むいかいちば)・細田(ほそた)・衣の関道(ころものせきみち)遺跡(同衣川区)の調査とも合わせ、衣川の北側にも平泉の市街地が広がっていたことが明らかになりました。

堀に囲まれた居館

堀に囲まれた居館

堀から出土した大量のかわらけ

堀から出土した大量のかわらけ

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ