島田Ⅱ遺跡

島田Ⅱ遺跡は宮古湾を望む丘陵地に位置する平安時代の鉄生産の村です。この地域で豊富に取れる砂鉄を原料に、100年以上にわたって、鉄作りや道具作りを行っていました。刀や鏃(やじり)、鎌(かま)や鋤先(すきさき)、釣針(つりばり)などの製品が作られていることがわかっています。

鉄生産炉

鉄生産炉

様々な鉄製品

様々な鉄製品

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ