高木中舘遺跡

高木中舘遺跡は、北上川の東側、平野より小高い場所にある9~10世紀を中心とした平安時代の村のあとです。また、12世紀のお墓も見つかり、中国産の焼き物の破片や、鉄製の武器が、焼けた骨と一緒に出土しました。当時、平泉で栄華を誇っていた藤原氏と関係がありそうです。

遺跡全景

遺跡全景

現地説明会の様子

現地説明会の様子

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ