上里遺跡

上里遺跡はJR東北新幹線二戸駅の南側に位置し、洪積世低位段丘に立地する遺跡で、縄文時代・平安時代・中世の遺構・遺物が出土しています。
縄文中期の円筒式土器を主体とした集落跡は、7棟の竪穴住居跡が馬蹄形状に分布しています。
この遺跡で注目されるのは、7体の人骨が埋葬された土坑です。土坑は口径1.3m、底径1.8m、深さ2.5mで、深さ2.1mの同一面から人骨が出土しています。鑑定の結果、7体は夫婦と子供4体の6体と夫の妹1体と判明し、当時の家族構成を考察する重要な資料となっています。

遺物出土状況

遺物出土状況

人骨が埋葬された土坑

人骨が埋葬された土坑

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ