フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

フォトレポート 中埣Ⅲ遺跡 発掘体験会 6月8日(土)

6月8日(土)住田町上有住の中埣Ⅲ遺跡で住田町教育委員会により発掘体験会が開催され、24名の皆さんが参加しました。

まず、五葉公民館前に集合し、ラジオ体操で体をほぐしました。

L-1IMG_0012

それから徒歩で調査現場へ向かいました。10分ほどの距離です。

L-2IMG_0016

調査現場につきました。山々に囲まれたゆるやかな傾斜地ですが、水田だったため、段々になっています。
今は表土を除去し、縄文時代の面まで掘り下げている状態です。

IMG_0116 IMG_0115 IMG_0114 IMG_0113

発掘調査の道具セットです。安全のため、ヘルメットを着けていただきました。移植ベラなどの道具が、土を運ぶためのミの中に入っています。

 L-4IMG_0018

道具の使い方を説明しました。刃のついた移植ベラや両刃ガマで怪我をしないよう注意しましょう。

L-5IMG_0032

準備が整ったところで、いよいよ現場へ入ります。

L-6IMG_0043

縄文時代の配石遺構を前に、担当調査員が遺跡の内容と掘り方の説明をしました。

 L-7IMG_0048

現場にはこのような石を組んだと思われる遺構もたくさんあります。

L-8IMG_0096

参加の皆さんには土器や石器を含む縄文時代の包含層を掘ってもらいました。当センターの作業員さんにマンツーマンで掘り方を教えてもらってスタートです。

L-9IMG_0052

土器や石器がどの場所から出土したかわかるように、遺跡に設定した方眼ごとに掘り進めます。白線が方眼の線です。

L-10IMG_0065

少しずつ、出た土を掻き取りながら掘り進めます。

L-11IMG_0064

土器が出てきました。竹べらで傷つけないように丁寧に掘り出します。

L-12IMG_0085

掘り出した土器は縄文人からのメッセージのようです。心が躍りますね。どんな人が使っていたのでしょうか。

L-13IMG_0106

見つかった土器や石器は、出た位置を記録した袋に入れます。

L14IMG_0100

暑い日でしたが、およそ2時間一生懸命取り組んでいただきました。たくさんの遺物が出土しました。

L-15IMG_0120

終了後、五葉公民館に戻り、調査員がこれまでに出土した遺物について説明しました。皆さんには土器や石器を実際に手に取り、重さや模様などを確かめてもらいました。
KODAK Digital Still Camera

とても熱心にご覧いただき、この地に暮らした縄文時代の人々の暮らしに興味が尽きないようでした。                                                     

                             (令和6年6月8日)

現在お知らせはございません。

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺