中平遺跡

東日本大震災関連発掘調査

いわて調査情報/2017年12月12日現在

DATA

遺跡名 中平(なかたい)遺跡
所在地 岩手県九戸郡野田村大字野田第13地割字大平野地内
事務所 080-2819-7363
調査期間 平成29年11月1日~12月7日
時代 縄文 古代
検出遺構 竪穴住居跡 土坑 陥し穴 溝状遺構 方形周溝
出土遺物 縄文土器 土師器 琥珀

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

今年度の調査は終了し、続きは来年度調査します。調査終了間際に空撮を行いました。写真手前に見えるのが中平遺跡、奥には野田村市街地と太平洋が見えます。
(平成29年12月7日現在)

nakatai

本年度の調査は終了しました。写真は道路下の調査範囲から発見された古代の竪穴住居跡と土器の出土状況です。
(平成29年11月24日現在)

nakahira

11月より調査を開始しました。前回より期間が空いての調査となりましたが、早速陥し穴(写真中央)等が見つかっています。
(平成29年11月8日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ