北玉川遺跡

東日本大震災関連発掘調査

いわて調査情報/2017年10月10日現在

DATA

遺跡名 北玉川(きたたまがわ)遺跡
所在地 岩手県洋野町種市第14地割北玉川
事務所
調査期間 平成29年10月2日~11月30日(予定)
時代 縄文
検出遺構 土坑
出土遺物 縄文土器、石器

DSC_0020

 調査を開始しました。最初に試掘をして、表土下の土層を確認しています。
 平坦な場所のようですが、写真の奥に見えるのが鹿糠浜Ⅰ遺跡で、北玉川遺跡との間は深さ20~30mの和座川の渓谷で区切られています。
 どのような内容の遺跡であるかは、今後明らかにしていきます。
(平成29年10月10日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ