芋田Ⅱ遺跡

芋田Ⅱ遺跡は盛岡市北部、国道4号沿いにある平安時代を中心とした村です。家のあとからは、墨(すみ)で文字が書かれたり、ヘラで記号などが刻まれたりした土器などが、多く見つかっています。なかでも文字が数文字以上並ぶ墨書(ぼくしょ)土器は、村の中に文字に慣れ親しんだ人がいたことを想像できそうです。

遺跡

遺跡

墨書土器

墨書土器

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ