馬立Ⅱ遺跡

馬立Ⅱ遺跡は安比川支流の段丘上に立地する縄文中期から晩期の集落跡です。
竪穴住居跡19棟、土坑24基などが見つかっています。
遺物の中でもっとも注目されるのはフラスコ状土坑の底から発見された狩猟文土器です。朱塗りされた壺の口縁部から体部までの破片ですが、動物、弓矢、陥し穴、木と推定されるレリーフ状の文様が施されています。

配石遺構(東から)

配石遺構(東から)

狩猟文土器

狩猟文土器

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ