平成26年度調査

県央県北県南沿岸

県央県北県南沿岸

中平遺跡

東日本大震災関連発掘調査

いわて調査情報/2014年11月25日現在

DATA

※この遺跡の調査は終了いたしました。

遺跡名 中平(なかたい)遺跡
所在地 岩手県九戸郡野田村第13地割大平野
事務所 080-2820-1514
調査期間 平成26年10月1日~11月30日(予定)
時代 縄文、古代
検出遺構 竪穴・陥し穴
出土遺物 縄文土器、土師器
nakatai11-25

11月21日、本年度の調査が終了しました。
来年度も継続して調査を行う予定です。写真は、先日見つかった円形の溝の痕(黒い部分)です。今後の調査に乞うご期待です。では、また来年!(^^)!
(平成26年11月21日現在)nakatai11.10
11月1日、現地見学会が開催されました。
50名の方がご来跡され、発掘調査の流れや作業の解説を中心に行いました。
写真は、竪穴住居の掘り方を説明している様子です。
(平成26年11月7日現在)

339-3
古代の竪穴住居や縄文時代の陥し穴(おとしあな)が見つかっています。
10月30日から11月2日まで野田村立体育館にて埋蔵文化財展が開催されます。それに合わせて、本遺跡で現地見学会を行います。
皆様のお越しをお待ちしております。

・日時 :平成26年11月1日(土)10:30~
・場所 :中平遺跡発掘現場
※長靴か歩きやすい靴でお越し下さい。
※駐車場あります。

339-2

10月1日、中平遺跡の発掘調査を開始しました。
調査区の面積は7800㎡です。土の下からどんなものが見つかるでしょうか、今から楽しみです。
(平成26年10月1日現在)

※このホームページは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターが、調査した遺跡の情報を提供しています。 掲載されている情報の無断転載はできません。

岩手県文化振興事業団 岩手県立博物館 岩手県民会館 岩手県立美術館

このページの先頭へ